大切な人を亡くしたあなたへのメッセージ(グリーフケア)

悲しみの中にあるご遺族や残された人が再び前を向いて歩みはじめられることを願い、大切な人を亡くされた方へのメッセージをお送りいたします。

悲しみの中にあるあなたへ

大切な人との別れ。それは人が経験する悲しみでこれ以上のものは他にはないはずです。
死別に対する心構えができる人はほとんどいません。
戸惑い、悲しみ、不安、怒り、敵意、自責感…まるで異常とも思えるような様々な感情を経験されているかもしれません。
あなたは死別という普通ではない経験をしました。普通でない精神状態になって当然です。
悲しみの中で湧き起こる様々な強い感情。それは大切な人の居ないこの世界に適応していくための心の復旧システムです。
死別を経験した人の「当たり前の反応」なのです。

この「当たり前の反応」は無理に乗り越えようと思う必要はありません。
なぜなら乗り越えるものではないのですから。癒やしの過程は少しずつ着実に進んでいきます。
どれだけ時間がかかっても焦る必要はありません。他の人と比べる必要はまったくありません。あなたはあなたなのですから。

大切なのは死別という過酷な現実としっかり向き合う事です。
この過酷な現実により生まれるあなたの様々な感情は表現されることを望んでいます。
どのような感情も受け入れ素直に表に出して良いのです。あなた自身を認めてあげてください。

泣きたいときは、おもいっきり泣いてください。
男性でも涙を見せる事は恥ずかしいことではありません。
感情を表に出すことは、あなたが弱いということではありません。
どのような感情もあなたの正しい感情です。

そして、これらさまざまな感情に対して一人で立ち向かう必要はありません。
辛い時には、誰かに助けを求めてください。
精神科医やカウンセラーに頼るのも当然の正当な選択です。

状況ごとの自分との向きあい方

大切な人の死に何も感じないあなた

あなたは今、故人の死を眼の前にして全身の力が抜けたような状態でいることでしょう。涙が出ないということもあるかもしれません。
しかし、それはあなたが冷たい人間だからというわけではありません。
あなたの心が大きな衝撃を受けて、一時的に感覚が鈍くなっているのです。
周囲の人が死の事実を認めさせようとしても、すぐに理解しようとする必要はありません。何事もあなたのペースでよいのです。

大切な人の死が信じられないというあなた

あなたは今、故人を思うがゆえに死を受け止められない状態です。
時には怒りで感情を自分や周囲の人にぶつけてしまうこともあるかもしれません。
大切な人の死は往々にして突然やってくるものです。何かしらの悔いが原因で怒りが湧くのは当然です。
泣きたいだけ泣いてください。気持ちを分かってくれる人がいるのなら、寄り添ってもらいましょう。
あなたの感情は表現されることを望んでいます。自分の感情を涙で表現することで、あなたの心は立ち直りへと歩むのです。

家に閉じこもっているあなた

心が空っぽになり閉じこもっているあなたはすでに故人の死を理解し、激しい感情からは離れている状態です。
うつうつとしている状態は、実は前へ進むための心のエネルギーを充電している時なのです。
無理してすぐに元気になろうとは思わなくても大丈夫です。ただし誰かに頼りたい時は、素直に助けを求めるようにしましょう。
この時期は食欲が無くなったり、不眠症になることもあります。しっかり食事や睡眠は取るようにしてください。

日常生活は行えるようになったあなた

大切な人の死を受け止め、毎日の暮らしが行えるようになったあなた。
今でも突然悲しくなったり、涙が流れることもあるでしょう。
未だに悲しむ自分を責める必要はありません。
むしろ、よくここまで乗り越えたと思ってください。悲しみは少しずつ癒されていきます。時には家族や友人と故人の思い出を話し合ってみたりしましょう。
遺族会など社会的なサポートに参加するのもよいでしょう。
今あなたの周りにいる人との絆を大切にしてください。少しずつエネルギーが湧いて、新たな希望が見つかるはずです。

大切な人の居ないこの世界に適応するのに時間が掛かってしまうのは当然です。
何年も悲しみから逃れられないからと焦る必要はありません。時間を掛けてよいのです。
大切な人の死を受け入れるには、決して焦らないことと今の自分の状態を受け止めることが大切です。
もし、健康に影響を与えていると感じる場合は、専門的な心のケアを受けることも恥ずべき事ではありません。

悲嘆の中にいるあなたへの6つの指針

  • 様々な感情が沸き起こるのはごく自然なこと
  • 沸き起こるどのような感情もうけいれる
  • あなたの感情は表現されることを望んでいる
  • 死別を現実のものと受け止めしっかり向き合う必要がある
  • 「癒やしへの過程は着実に進む。焦る必要はない。
  •   一人で立ち向かう必要はない

大切な人を身近に感じたいときは

人は大切な人をいつも身近に感じていたいと思うものです。
私ども未来創想は、手元供養品を提供することによって大切な人を亡くした方へのケアの一端を担えると考えています。
手元供養は大切な人を想うきっかを作り故人をより近くに感じるのを助け、大きく傷ついた心に寄り添うもの。
大切な人を失いその悲しみを受け入れようとしているあなたも、手元供養品を利用してみるのも一つの手段だと心の隅に留めてみてください。

手元供養品のイメージ写真

お気軽にお電話ください

お話しすることで気持ちが楽になることもあります。
もしも悲しみに耐えられなくなったら・・・誰かと話しをしたくなったら、私達がお話しだけでもお伺いいたします。お気軽にお電話ください。
グリーフケアに関するハンドブックもご用意しております。ご希望の方は無料で差し上げます。

フリーコール 0120-3737-94