手元供養について

手元供養とは何か、手元供養とはどのようなものかをご案内いたします。

手元供養とは

形式にとらわれない自由で新しい供養のかたち

愛する人を亡くした時、人は生きる気力すらなくしてしまうことがあります。
このようなとき、故人の遺骨をペンダントや指輪などに納め身につけたり、装飾された小さな骨壷を身近に置くことで、一人ではないと実感することができます。

宗教観に縛られることなく身近な場所で、または手元で自由な形で故人を想い偲ぶ事が手元供養です。
宗教観にとらわれることなく残された人のお気持ちを大切にして手元供養は生まれました。

手元供養品のイメージ写真

手元供養の特徴

  • 悲しみを和らげられる
  • 故人を身近に感じられる
  • 宗教や様式にとらわれない
  • 高いデザイン性の供養品
  • 「自分らしさ」を求めた供養品選び

手元供養はこのような方のためにあります

  • 定期的なお墓参りが困難な方
  • 何らかの事情でお墓を建てられない方
  • 様式に縛られない祈りの空間を作りたい方
  • ご遺骨を身近においておきたい方
  • 常に故人を身近に感じていたい方

広がりをみせつつある手元供養

これまで日本では、納骨までの日々を故人の遺影と遺骨に語りかけて過ごすことが当たり前に行われて来ました。
ところが、納骨することによって突然そのやすらぎの場を奪われ、納骨しないと「成仏できない」などの宗教的観念により、遺族の思いは遠ざけられてきました。
そのため遺骨を持つということに抵抗感を持たれる方も多くいます。
その反面遺骨と離れがたいと感じる遺族も多く、昨今ではごく自然に少量の遺骨を自宅に残したり、遺骨ペンダントにご遺骨を入れて身につけたりするようになりました。
今では日本での宗教観・葬儀やお墓に対する考え方も変化し、故人を偲ぶ自由な供養方法として近年広がりをみせつつあります。